TOP > 沿革

●●沿革●●

昭和46年4月20日、沖縄配電(株)の沖縄配電内線工事指定店会が中心母体に電気工事業者の地位確保に積極的発展を期するため、協同組合設立へと組合創立総会を総組合員90社により設立され、当時の琉球政府により協同組合法第85条の規定により那覇電気工事業協同組合として昭和46年5月15日認可され、組合登記は同年5月18日で登記を終えた。
現在では組合員数は161社で、組合地域は沖縄電力(株)那覇支店、糸満営業所、与那原営業所の電力供給地域で、那覇市、糸満市をはじめ島尻地区21町村を区域としている。昭和60年7月15日、那覇市古波蔵に念願の会館を建設移転し、現在に至っております。
昨今は、中小企業においては規制緩和による企業間競争の激化、収益の悪化、金融システムの不安、民間金融機関の破綻を契機に資金調達環境の悪化等、様々な問題が山積しており厳しい状況です。
又、労働時間の短縮や、育児・介護休業制度を始めとする福利厚生等の充実も求められており、労務管理面での整備も組合参加企業にとって重要な課題の一つであります。
このような様々な環境の中で組合として何ができるか日々考え続けております。